フェアトレードむさしのは、武蔵野地域でフェアトレードの活動を推進するためのコミュニティです。さまざまな地域活動とのつながりを大切にしています。くらしにツナガルHātWorkも以下の市民団体や企業とともに活動しています。

吉祥寺ハニカムプロジェクト、シャプラニールむさしの連絡会、作ろう!みんなのジモトWa-shoiパートナーシップ、パタゴニア東京・吉祥寺、Fair Trade Shop List 、vote for by sisam FAIR TRADE コピス吉祥寺店、Meetむさしの、NPO法人みたか市民協同発電、NPO法人むさしの市民エネルギー、LeMoingTOKYO CO.,Ltd. 、Le bouquet de marguerites

フェアトレードタウンをめざして

フェアトレードむさしのは、武蔵野市を「フェアトレードタウン」にすることをめざしています。フェアトレードタウンは、「まちぐるみ」、つまり市民活動団体、行政、企業、学校、商店などが一体となってフェアトレードの輪を広げることで、途上国と先進国のまちの人々が結び合って一緒に取り組む未来へのコミュニティ/まちづくり活動のことです。現在、日本には6つのフェアトレードタウン(熊本、名古屋、逗子、浜松、札幌、いなべ)が認定を受けています。

フェアトレードタウンになることで、以下のような効果が生まれます。

1.まちの価値・評価・イメージ上昇
2.未来を担う若者の覚醒・社会参加
3.地産地消・まちづくりの進展
4.エシカル教育に最適
5.SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献

これまでの活動

2018年より活動を始めています。

■2018年
7月フェアトレードタウン勉強会(講師 浜松文化芸術大学 下澤 嶽さん)
12月「フェアトレードな暮らしとまちづくり~オープン作戦会議!」

■2019年
2月 シンポジウム「モノの価値、ヒトの価値。 ~フェアトレードな暮らしがまちが変える~」
5月 フェアトレードタウン学習会(講師:フェアトレード名古屋ネットワーク代表 原田さとみさん)
5月 フェアトレードむさしのマルシェに協力
6月 東急吉祥寺店エシカルマーケットにメンバーが出店
6月 フェアトレードタウン議員向け学習会(講師:東京経済大学 渡辺龍也さん)
7月 異業種交流会TAMACOMで活動紹介
7月 ローカル選挙カフェ(パタゴニア東京・吉祥寺)で活動紹介
8月 フェアトレードシティくまもと推進委員会の明石祥子さんと懇談
8月 コミュニティテーブル でプレゼン
10月 フェアトレードむさしのFESTA
(1000名以上が来場 20~30店舗が出店 ボランティア50名以上)
11月 むさしの環境フェスタ メンバー出店
11月 三鷹エコマルシェ メンバー出店
12月 フェアトレードタウン世田谷推進委員会との情報交換会

■2020年
2月 シンポジウム「フェアトレードフォーラムむさしの2020」
5月 世界フェアトレード・デー オンライン交流会で事例報告

このほか、定期開催のマルシェ、朝市などに出店しています。

フェアトレードむさしの_ DATA

Email info@fairtrade-musashino.tokyo

フェアトレードむさしのの関連記事
一般のお問合せ

メールフォームからお願いします。おりかえしご連絡いたします。