シャプラニールのクラフトリンクを通して、HātWorkでも販売させていただいているネパールの手織布を生産しているWSDO(Women’s Skills Development Organization)から、緊急救援の協力要請がシャプラニールに届いています。

WSDOの手織布は織機を使わず体を織機とする「地機織(じばたおり)」という手法で織られます。丈夫で温かみのある風合いがマルシェでも人気です。

今回は、仕事がなく社会的に弱い立場にある生産者の中で、今回の事態でより生活に困窮している90名への食糧配布と、10名への家賃補助を提供します。詳細は下記のシャプラニールのサイトをご覧ください。皆さまのご協力をお待ちしています。

追記:8月末をもって緊急救援募金を終了しました。おかげさまで目標を達成し、現地のNGOにご寄付をお渡しできました。詳細は以下をご覧ください。

一般のお問合せ

メールフォームからお願いします。おりかえしご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう