HātWorkも設立当初から参加しているフェアトレードむさしののオンライン講座第15回目は、「ウェルフェアトレード」。ウェルフェアトレードとは「ウェルフェア(福祉)」と「フェアトレード(公正な取引)」を合わせて造られた言葉で、「福祉作業所で作られる自主製品やサービスを適正な価格で購入することにより、障がい者が収入や働き甲斐を得て自立できることを支援する仕組み」を意味します。

今回は、吉祥寺で全国の自主製品を取り扱うセレクトショップを営む「一般社団法人マジェルカ」さんの取り組みと、障がいがあってもやりがいのある仕事ができる社会を目指す「NPO法人障がい者就労支援共創ネットワークK-NET!」さんの活動をご紹介し、さらに対談を聞く中で、ウェルフェアトレードについての理解を深め、その輪を広げていくにはどうすればよいかを考えます。

■日時:2022年1月24日(月)20:00-21:30
■場所:オンライン開催(Zoomを使用)
■参加費:無料
ZoomのURL、アクセス情報は開催前日に登録いただいたメールアドレス宛てにお送りします。また、フォローメール等も後日配信する可能性がありますので、ご連絡のつくメールアドレスをご登録ください。
■お申し込み:
ウェブフォームでのお申し込み(こちらのお申し込みは12/23 20時まで)
○Peatixから
https://ftm15.peatix.com/

■プログラム

◆第1部「マジェルカが考えるウェルフェアトレード」

藤本光浩(ふじもと みつひろ)さん
一般社団法人マジェルカ 代表理事

◆第2部「K-NET!のウェルフェアトレードへ向けた取り組み」

風間英美子(かざま えみこ)さん
NPO法人障がい者就労支援事業共創ネットワーク(K-NET!)理事長

◆第3部「対談~ウェルフェアトレードを広めるために」

藤本さん・風間さんによる対談
進行:フェアトレードむさしの 針尾節子

一般のお問合せ

メールフォームからお願いします。おりかえしご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう