HātWorkもメンバーとして活動しているフェアトレードむさしのでは、武蔵野市でフェアトレードタウンの認定を受けるべくさまざまな活動をしています。フェアトレードタウンの認定を受けるためには6つの基準をクリアする必要があって、現在日本では6つ(熊本市、名古屋市、逗子市、浜松市、札幌市、いなべ市)のタウンがあります。詳しくは認定団体である日本フェアトレード・フォーラムをご覧ください。

各タウンでは市民団体がさまざまな形でフェアトレードの普及に努めていますが、今回、逗子市のフェアトレード連続講座にHātWorkの坂口和隆(さかぐちかずたか)がフェアトレードむさしのの活動紹介をさせていただくことになりました。今週末の開催となりますが、19日(金)の13時までお申込できますので、ぜひご参加ください。

■日時:2月20日(土)15:30~17:30
■会場:オンライン
■テーマ:フェアトレードによるまちづくりの挑戦~フェアトレードむさしのの事例から~」
■お申込みフォーム
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/simin/kokusai/kouza/
■詳細
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/simin/kokusai/fairtrade_kouza.html

一般のお問合せ

メールフォームからお願いします。おりかえしご連絡いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてください

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事